SoftBankの最新ルーター 301HW

ソフトバンクから新しいwifiルーターが発売されました。
301HWという製品で、203Zの次に発売された製品です。

大容量の5000mAhの203Zと比べて、どれだけパワーアップしたのかと期待していたのですが、どうやらサイズに関してはグレードダウンしてしまったようです。

301HWでは電池容量が2400mAhしかなく、スマートホンへの充電もできなくなっています。

しかし、その分コンパクトになって、持ち運びには便利になりました。
カラー液晶のタッチパネルで、スマホのように操作できるのもいいです。
何より便利になったのは、起動までの速度が速くなっていることです。

203Zは電源OFFの状態から立ち上がるまで30秒程度かかっていました。
しかし、301HWは5秒程度で立ち上がるので、すぐに利用することができます。
電池持ちは203Zに劣るものの、それでも連続使用時間9時間利用可能なので、中々の電池持ちです。

大容量にこだわりたいなら203Z、コンパクトで手軽に利用したいなら301HWと、ニーズによって好みがわかれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>